大人が着るべきライダースジャケット!選び方と着こなしのポイント♪

ミドルエイジになると、やはり清潔感のあるシンプルなキレカジを目指したいですね。

そんな大人の男が着るべきレザーアイテムの中で、ピッタリなのがライダースジャケット!

 

 

ライダースジャケットと言えば特徴的なデザインで、バイカーやロッカーの印象が強いアイテムですね。

 

 

確かにミドルエイジがタウンウェアとして着るには、少しハードルが高く抵抗があると思います。

 

 

そこで大人のキレカジにおすすめしたいのが「シングルライダースジャケット」!

 

 

シングルとは前の合わせ部分が一重になったもので、シンプルなデザインが特徴でバイカーはもちろんタウンウェアとしてコーデの汎用性が高く、どんなスタイルでもシルエットを際立たせてくれます。

 

1-1

 

 

シングルライダースジャケット選び方のポイント

 

 

スーツやシャツはもちろんアウター選びで一番大切なのは「サイズ感」!

サイズ感が合っていないと、どんな高価なものでもだらしない印象を与えてしまうので要注意です。

 

 

サイズ感をチェックするときに気をつけるべき点は。

 

 

 

肩が合っているか?

まず肩のラインが自分の体にフィットしているかを確認して下さい。狭いと窮屈に逆に肩のラインが落ちていると、全体のシルエットが崩れてしまうので注意しましょう。

 

 

腕は楽に動かせるか?

シングルライダースジャケットは腕周り、アームホールが小さく作られているものも多いので、腕の動きにストレスを感じなものを選びましょう。

 

 

胸周りとお腹周りのフィット感は?

あくまでタウンウェアとしてシングルライダースジャケットを選ぶかわけですから、バイカーのように重ね着をする必要はありません。

 

 

腕周りはピッタリでも胸やお腹周りがダブついていると、アンバランスなシルエットになるので、ファスナーを一番上まで上げた状態で慎重にチェックして下さい。

 

 

着丈は合っているか?

通常のジャケット同様シングルライダースジャケットも、着丈の長さは重要なポイントです。大人のキレカジはタイトなラインのものを選びたいので、着丈は腰かそれよりも少し上のものを選びましょう。

 

 

着こなしのポイント

 

 

あくまでもシンプルに!

シングルライダースジャケットを使ったキレカジの基本は、やはりワントーンやモノトーンのコーデですが、アウターとインナーそしてボトムスと3つのカラーまでにおさえたいですね。

 

 

アクセサリーも控えめに!

首にごついチェーンネックレスや、ボトムスにウォレットチェーンなど「悪目立ち」するものは避けましょう。アクセサリーを付けるならシンプルカラーのビーズネックレスやブレスレットなどでおしゃれ感を出すのもありですね。

 

 

ボトムスはテーパードがおすすめ!

シングルライダースジャケットで上半身が、タイトなラインですからボトムスもサイズ感が大切です。ストレートなラインのボトムスだと全体のバランスが悪くなりがちです。

 

 

そこでおすすめは膝下から徐々に細くなるテーパード!これでシルエットを崩すことなく、バランスの取れたコーデになります。逆に太ももから足首までフィットするスキニーは着こなしが難しいので避けたほうが無難です。

 

 

コーデの見本

 

 

1-2

 

 

定番中の定番ブラックのワントーンコーデ!

レザーアイテムのコーデの中で一番失敗のない無難なコーデですね。

シンプルは大人のキレカジにはピッタリですが、シンプルな分サイズ感にはこだわって下さい。

 

 

1-3

 

 

こちらも定番のホワイトとのモノトーンコーデ!シャツのカラーがアクセントになるのでワントーンコーデより合わせやすいので、シングルライダースジャケット初心者にはおすすめのコーデですね。

 

 

1-4

 

 

こちらはデニム合わせのコーデ!ブルーのデニムでもホワイデニムでも、どちらも合わせやすいコーデですが、注意したのは足元!若い世代に流行りのゴツい感じのブーツは、ライダースジャケットのハードなイメージを増幅してしまうので、シンプルなローファーやスニーカーに合わせたいですね。

 

 

ハードルが高そうでこれまでミドルエイジが敬遠しがちだったシングルライダースジャケットも、着こなしに工夫することでまったく違うテイストのアイテムに変身します。

 

 

この秋冬はシングルライダースジャケットで、今までとは違った自分に是非チャレンジしてみましょう!