リラクシーに着こなしたい、テーラーカラーロングレザーコート

引用元

スマートなシルエットのロングコートを探しているなら、ぜひ候補に入れたいのが、テーラーカラーロングコートです。

テーラードジャケットのようなデザインの襟元が、すっきりとしたV字を描き、聡明な印象。

ウエストを絞れるようにベルトが付いているタイプであれば、自分で着こなしを調整できるのでさらに便利です。

 

 

 

ラフに着こなす休日向けのコーデ

引用元

テーラーカラーのロングレザーコートともなると、とても存在感のあるアイテムです。

サラっと羽織るだけでもコーデ全体の印象を左右します。そこで、休日ウェアとして気軽にコーデするなら、前を開けたラフな着こなしがオススメ。インにはアースカラーのベージュセーターやスウエットパンツなどのリラクシーなアイテムを合わせてエフォートレスに。

足元は、軽めのスニーカーがしっくりきます。

 

 

 

スーツに合わせてビジネスシーンに

 

テーラードカラーのようなきちんと見えが叶う襟スタイルは、ビジネスシーンでこそ真価を発揮します。

誠実な雰囲気がありますし清潔感も出て女性からのウケも抜群です。コートを羽織ってもインに合わせたスーツのネクタイが見えますので、色合わせには十分気配りしましょう。

コートの色とちぐはぐなネクタイやシャツを選ぶことなく、相性の良いものを合わせられるように気をつけたいものです。

 

 

 

馬革の艶を活かしてシルクシャツと合わせる

 

ちょっとドレッシーな印象で敬遠されがちなシルクシャツ。

控えめな光沢で大人の雰囲気を醸し出せる、使えるメンズアイテムです。

そんなシルクシャツと相性が良いアウターが、ツヤ感のある馬革アイテム。

馬革を贅沢に使っているロングコートなら、シルクシャツとコーデすると上品でエレガントに仕上がります。

足元はかっちりとした正統派の革靴を合わせてコーデをきっちり引き締めましょう。

 

 

 

ワントーンコーデにレザーコートで変化をつける

 

カジュアルシックにキメたいなら、全身黒のワントーンコーデはいかがでしょうか。

あまりに質感を揃えてしまうとユニフォームのような感じに見えてしまいますので、トップス、ボトム、靴などの合わせるアイテムで、少しずつテクスチャーの違うものを合わせていきましょう。

ワントーンコーデは狙っている感じが出やすいので、足元はスニーカーで抜け感をプラスして。軽快さを印象づけましょう。

 

 

 

細かい柄アイテムを上手に使う

 

どうしても重くなりがちなレザーロングコート。

高級感はそのままに、着こなしで軽さを出すには、ごくごく細かい柄ものを投入するというワザがあります。

たとえば、遠目にみたらグレーにしか見えないくらいに細かい千鳥格子柄。

また、うっすらと入ったピンストライプなど、派手すぎないけれど控えめに主張している柄アイテムは、テーラーカラーの上品さと相性が抜群です。

 

 

 

おわりに

テーラーカラーのロングレザーコート、インパクトの大きいアイテムです。

今なら、ガウンっぽくゆるめに着こなすとたちまち旬顔をゲットできます。