スタンドカラーのロングレザーコートですっきりマニッシュなハンサムコーデ

8-1

https://www.pinterest.com/pin/31103053653086955/ 

首元にアクセントのあるスタンドカラー。寒い季節は首元から冷たい風が入り込むので防寒にもなりますし、首元にボリュームが出るので、マフラーなどでバランスをとらなくてもキレイなシルエットが叶います。また、ロングコートであることで、縦のIラインが非常に強調されるので、スタイルアップできるというメリットも。

 

 

首元のオシャレはタートルで

スタンドカラーの場合、まず首元をどのようにコーディネートしたら良いか迷うかたも多いのではないでしょうか。もし、迷われてしまったときはタートルがオススメです。それも首元が寂しいからといって工夫しないといけない必要もありません。すっきりとコーデするには、タートルが身体のラインに沿ったものをチョイスしましょう。カラーは首元から少しのぞく程度なので、遊び心をプラスして、白やベージュといったカラーを差し込んでみるのもオススメ。

 

 

柄のインナーを合わせてオシャレに

スタンドカラーのコートは縦ラインが強調されます。すると、すらっとした印象になりカッコいいのですが、そのいっぽうで味気ない雰囲気になることも。そこでインに合わせるシャツやセーターに柄のアイテムを差し込んでみると面白味が出てオシャレに見えます。オススメの柄は、幾何学柄。甘さがなく、辛口テイストなので、男っぽいコーデにも違和感なくおさまります。カラーはシンプルなモノトーンなどを選びましょう。

 

 

シャツ&ネクタイを合わせるコーデ

もしビジネスシーンで使うなら、インにはシャツとネクタイだけでも大丈夫です。暗い色づかいが増える秋冬には、シャツで明るさをプラスしたいところ。薄めの水色や、テラコッタなど、ちょっとしたアクセントになるようなカラーを差しましょう。そのうえで、ネクタイはダークネイビーやチャコール、黒などの暗色を。コートの前を開けているときも、インに合わせたシャツ&ネクタイのコーデが浮かび上がって、とてもオシャレです。

 

 

デザイン性の高いデニムと合わせる

スタンドカラーのロングコートは、細身でボディに寄り添うタイプのデザインです。辛口でオシャレですが、すっきりしすぎてしまって味気なくなることも。そこで、デニムと合わせるコーデの場合、デザイン性の高いデニムをチョイスすると好バランスに仕上がります。たとえばダメージ加工、またスタッズなどの装飾など、目を引くアイテムをボトムスに合わせてコーデしてみましょう。

 

 

スーツと合わせる

襟がシュっと立っているイメージのスタンドカラーロングコートは、シンプルになりすぎないように注意してコーデづくりをするのがオススメ。スニーカーで足元を軽やかにまとめようとするとチープな印象になりかねません。そこでスタンドカラーのコートの場合は、足元にサイドゴアブーツなどのデザインのある革製ブーツがしっくり。重量感のある靴はコーデ全体をバランスよく整えてくれるのでお役立ちアイテムです。

 

 

おわりに

スラっとしたマニッシュなコートは、それ自体がシンプルなアイテムなので、コーデが単調なイメージになってしまわないように程よくアクセントをつけながら楽しみましょう。